グロリアス・シュワルツ


嫁がオタクです。

そのオタク嫁の友人に勧められ、一部で話題騒然となっているKING OF PRISM(キンプリ)が面白いらしいというので観てきました。

キンプリとは何かというと、アニメ映画です。
もう終わって何年かになるみたいですが、プリティーリズムという幼児向けのゲームやテレビアニメがあったそうで、そのスピンオフ作品がこれ。

どうして伝聞形で書いてるのかというと我々はそもそも元の本編アニメを全く知らないためです。
何の知識もなく素で観ても楽しめるという噂を聞き、あえて中途半端に知ろうとせず本編も全くチェックしないままに行ってきました。

で感想としては、狂った内容ですがテンション上がりました
でもやっぱり細かい部分は、何が何だかぜんぜん分からず、今、調べながら書いています。
ちょっと調べたところ、本編での受けが良かった部分や力を入れてた部分をコラージュしつつ再構成してる作品のようなので、「何の知識もなくても楽しめる」どころか、完全に後戻りできないレベルに達している人たち 玄人向けアニメでした。
面白くなかったか?というとそうではなく、評判通り、面白かったことは面白かったです。
観たら誰かに勧めずには居られない、そんな映画だと思います。
たまたまなのか、お客さんは良く訓練された人ばかりで声を出して笑うことができにくく、うちの嫁などは悶絶してました。

スピンオフ作品ってのは、ファンにサービスするために、これまでの登場人物に総集編的な感じでまんべんなく見どころを作り、かつ、新規にお客さんを導入するための説明的な部分も作り、本編のストーリーに回収できない矛盾があってはいけないので大きい出来事をメインストーリーにはできないという制約があります。

このキンプリも、入門編と銘打たれプロモーションされています。

― しかし、今回の『KING OF PRISM』は今までシリーズを観ていなかった方にも楽しめるという事を声を大にして言わせて頂きたい。
 というのも、主人公の一条シンは“プリズムショーを知らない少年”という設定なので、今まで作品に触れていなかった方と同じ目線で楽しむことが出来ます。

― 映画の冒頭部分で過去の映像が流れて大まかなストーリーは把握出来る様になっているので、むしろ本作がシリーズの新たな入り口的立ち位置となっています。

 『プリリズ』ファンもそうじゃない人も『キンプリ』を観て下さい!

ところが入門編の筈なのに、スピンオフとしてのお約束を無視してないか?という雰囲気が映画が始まってすぐにバシバシ感じられます(本編を知らない者の憶測ですけど)。
代わりに、と言っていいかよく分かりませんが、昨今のアニメ作法のお約束を前提としたネタはガンガンぶっこまれてます。
乙女ゲーやBL的な要素とか、唐突でシュールなバトル描写とか、五郎丸とか、電車に手動ボタンがなぜか付いてたり、高層ビルの屋上が露天風呂になってたり、笑っていいんだか悪いんだかよく分からないような、ツッコミどころっぽいネタが大量に仕込んであるみたいなんですが、アレ・・・? 今のは・・・?と思う間もなく劇中では全部スルー。
狂宴がどんどん加速していきスピード感だけ残して走り去っていきます。
とにかくその物量が多くて、間が短い。
なお、キャラやエピソードは全てボケ倒しです。ツッコミ役が一人も出てきません。
てことは要するに観客にネタを反芻する機会が一切与えられないんですね。これもまた狂気のスピード感を増してる要因の一つだと思います。
あと自転車乗りとしては、主役の一条シンが乗る自転車のハンドルが180°逆向きになってるのに釣られました。
今釣られましたと書きましたが、とにかく微妙な展開とか少しだけチープ感を残した絶妙な(アン)バランスの絵柄とか、全部がわざとなの?それとも天然なの?という感じで進みます。
このラインを計算づくで狙ってるとしたら力の入れようが半端ないことだけは分かりますが、力の入れどころを間違えてるのでは、とも思います。
真実はわかりません。
ただこの映画を作った人がドSってことは伝わってきます。
ってことでこれを観て翻弄され楽しめる人はおそらくドMですね。

SHIN ICHIJO
空中でバースピン(180°)を決めるシン。ライトの向きに注目。



映画序盤で、本編に登場してないっぽい新キャラが一気に何人も登場します。
このキャラたちは人気投票の対象となっていて、映画の入場時に渡される、シリアルナンバー付き投票券でサイトから投票する仕組みです。
でその結果どうなるのかっていうとどうやら続編に上位キャラがフィーチャーされるらしいです。
続編あるんだ。
映画では、主要3人と一条シン(これも映画新キャラ)以外の新キャラは、簡単な紹介があっただけで特にメインストーリーに絡むこともなく脇役に徹しますので、さあ投票しろと言われても特に何の感情移入もできてないわけで。

制作側としては今はキャラのビジュアルと設定を提示して、人気が高そうなのを投票で選別し、そのキャラをこれから深彫りしていく予定なのかもしれません。
こう言うところもガチオタ向けというか、普通だったらまだお気に入りのキャラにも何にもなってない状態で投票も何もないですが、逆にそういう一部反応は織り込み済み、または、対象外ということでしょう。

観客は完全に大人しか居ませんでした。
男性一人の客も居ましたが、やや女性の方が多く、カップルも割と居ました。
映画が終わったあとは皆さん無表情AAみたいな完全ノーリアクションで、しわぶき一つなく粛々と退場してました。

まずそもそも、女児向けのアイドルものアニメですからね。
それにどっぷり浸かって違和感を感じないで居られる大人のファンのために作られたスピンオフで、BL的登場キャラがフィーチャーされた作品ですから。
その成り立ちからして、一般社会から、あっち側へ何重にも壁を越えて行ってしまった人たちが観るアニメって感じです。
が、公式が「大丈夫だいじょうぶ」って手招きするので行ってみたら何故か楽しめてしまった、という体験でした。

詳しい内容は「キングオブプリズム はてな」で検索して出てくるブログを上から2本ほど読めばよく分かります。
まあ私なんかが付け焼き刃で読んでも、用語の羅列がすんなり全部分かるとはとても言えませんが、とりあえず映画観てる最中には腑に落ちなかった人間関係とかが何となく分かるというか。

もし続編を観る機会があったら今度は公開初期に行ってみたいと思います。
自分からは進んで行きはしないけど、誘われたらまた観たいです。
誰かと共有したくなるので、話題になってるうちに観る映画だなと思いました。